以前はなかった選択肢ができて、転校は簡単になった

高校の転校は稀なケース

高校の転校というのは、親の仕事の関係で遠方へ引越した場合以外は、認められていませんでした。引越しで住所が変わった場合でも、転校できるとは限りません。引越し先の高校に欠員があり、募集しているときに受験できます。でも、欠員があっても、合格基準に満たなければ転校はできません。高校では入学試験があり、そこで不合格となっている生徒もいるため、転校の門戸を広げるわけにはいかないのかもしれません。高校での転校は、稀なケースです。

小中学校との転校の違い

引越して住所が変わった以外に転校を認めないのは、小中学校でも同じです。大学だと、住所に関わらず編入ができますけどね。ただ、小中学校では、その学校に合わない、という理由で通わなくなっても、フリースクールや他の手段で勉強し、あるいはまったく勉強しなくても、卒業時期がきたら、他の同学年の子どもと一緒に卒業できます。しかし、高校ではそうはいきません。出席日数の不足は、留年の主な理由となっています。留年したら、普通は退学します。

通信制高校の普及で転校が容易に

入った高校に合わない場合は、中退して高校卒業資格を諦めることが大半でした。しかし、通信制高校の普及で状況は劇的に変わりました。合わなかったら、通信制高校に容易に転校できます。二年生以降なら、中退しても、編入という形で、それまでとった単位が生かせますので、転校したようなものです。転入、編入とも、随時受け入れているところがほとんどで、内申書や前の高校の評価が、受験に影響することはまずありません。来る者拒まずという姿勢のところが多いです。

不登校などによる理由で高校を転校する場合には、通信制の高校を選ぶと無理なく自分のペースで卒業ができるでしょう。