知識が無くても儲かる!?信用取引の有効活用術

信用取引では初心者は絶対に損しか出ない?

取引規模が拡大できたり空売りが可能になるなど、株取引において利便性が高いことで知られる信用取引。しかし、その運用には膨大なデータに基づいたシステムトレードとそれを実行する鉄の意思が無ければ、利益を望むことはできません。従ってそうした手法を持たない株取引の初心者は、信用取引において損失しか生まないように感じてしまいます。一面的にはこれは真実ですが、一方で初心者でも信用取引において利益を出すことができる手法は存在します。代表的なものを紹介してみましょう。

現物株の利益確定のために信用取引を利用する

株式分割などが将来的に株価上昇が期待できる銘柄は、それまで保有を続けるのが基本です。一方で株式市場では何が起こるかわからないため、まずは一度利益を確定しておきたいと考えるのが人情です。しかし、なかなか買い戻せないような株であった場合、簡単に手仕舞い決済してしまうことはできません。そのような時に信用取引を利用します。利益確定しておきたいと思う場所で同一銘柄を空売りすることで、擬似的に手仕舞い決済したのと同じ状態をつくり出すことができます。現物取引と組み合わせることで、信用取引はその真価を発揮するのです。

株主優待の取得は信用取引を併用すべし

信用取引を活用すれば、昨今話題となっている株主優待をほぼ無料で手に入れることができます。その考え方と方法は非常に簡単で、株主優待を取得したいと考えている銘柄を権利落ち日よりも前に購入する際、同時に同一銘柄を同額で空売りしておくのです。株主優待の権利が確定すると、一般的にその銘柄の株価は下落して現物で購入した株には損が出てしまいます。しかし、空売り分には利益が出ているために損利が相殺され、株価の上下を気にすることなく株主優待の権利のみが手に入るというわけです。そこには全く株に関する知識は必要無く、初心者でも気軽に信用取引を活用して利益を得ることができます。

信用取引は、レバレッジトレードが出来るというメリットがありますが、追い証には要注意です。追い証とは追加担保が必要になることで、これに応じられない場合、強制決済の憂き目に遭ってしまいます。