相続税の対策を実施する上での税理士の有効活用について

相続税と贈与との関係性について

相続申告を税理士に相談しお願いした場合、納税者が望むものとして相続税の抑制が存在します。しかし相続税が出てから税理士に対して相談しても可能な対策は制限されてきます。ですから相続が生じる前に日数をかけて必要な対策を実施していくことが重要となります。 ひとつの例として相続人に対し贈与を実施することで相続税軽減を意図するテクニックがあります。こうした贈与を介しての軽減方法についても相続が生じてからでは利用することができません。

保険を組み込んだ相続税解決法とは

相続税に備えるために保険を利用する手法が存在します。これについては相続人において相続税の支払いの事前準備に結び付くことからとても意味のあるアプローチです。 どうして保険が相続税の対策法になってくるのかといいますと、相続人が入手した生命保険金については非課税制度が実施されているためです。現実的にいうと法定相続人一人あたりに相当額の非課税の枠組みが存在します。そのことからこうした限度内の生命保険金は相続税の課税は受けず相続可能です。

相続税法の特例というケースもあります

相続税法において特例が存在します。こうした特例を使うことによっても相続税の抑止を実践することが不可能ではありません。とりわけ効果が見られる特例としまして小規模宅地が存在します。その中でも命を失った人と相続人が用いていた居住用宅地においては行き届いた控除が確立されています。 どういうことかと言うと宅地の評価額におきまして8割を相続税の課税に関する対象より控除することが出来ます。しかしながらありとあらゆる宅地ではなく面積が制限されているなどの必要な要件が存在します。

自分の死後、遺産を巡って遺族が争うことは誰にとっても避けたいことです。円満な相続のために考えられる効果的な方法が、生前に相続税の税理士に相談しておくことです。