新司法試験に不安。弁護士の質のばらつきは困る

旧司法試験なら粒ぞろい

司法制度改革で、弁護士の数を増やそうということになり、試験に通りやすくなるよう変更がなされました。合格者の数を増やすため、合格基準をちょっと下げる、っていう程度ならまだいいんですけどね。旧司法試験は難しすぎて、合格率もほんのわずかでしたから。でも、法科大学院で学んだら、試験に通りやすくするっていうのはいかがなものでしょう。結局、大学とか、そこの教員たちのための改革みたいな気もするんですが。学費が相当高いみたいですから。

授業を受ければ身につくものでもない

以前から、独学で司法試験に受かってた人って結構いましたよね。司法試験用の専門学校で学んで受験する人もいました。大学在学中に合格する人もいましたけど、ごく少数です。ほとんどが卒業後に猛勉強して合格してたような気がするんですが。そうした事実があるのに、大学院で学んだことで合格基準を甘くするってどうなんでしょう。大学院で学ぶことと、受験者の頭に入った知識って、相関関係があんまりなさそうじゃないですか。それは、法学部学生の、在学中の司法試験合格率を見れば明らかでしょうに。

弁護士の能力にばらつきが出れば

大学院で学んだことで甘くなった基準をクリアして弁護士になった人が、弁護士の中に紛れてしまったら、国選弁護人しかつけられない人が不利益をこうむることになるんじゃないかと心配です。旧司法試験の頃なら、弁護士はみな粒ぞろいで、結構公平に弁護が受けられる、と皆安心できていたわけですが。弁護士の数を増やすのは、確かに必要なことでしょう。でも、法科大学院の高い学費を支払うことで、合格基準が甘くなるような方法はどうなんでしょう。

鹿児島の弁護士は、離婚に強い弁護士や、近所トラブルに強い弁護士など様々な分野で活躍している方が多くいます。